ライトフルプロジェクト


 

 

「ウェット・イン・ウェット法」について

 

ウェット・イン・ウェット(Wet in wet)法とは

水彩画の技法の一つです。

 

水やたっぷりの水で溶いた絵の具で

濡れた紙が乾かないうちに、次の絵の具を置く事で、

透明水彩独特のにじみを繰り広げる描き方です。

 

透明水彩画

 

 

色が重なったり混じり合って、予想もしなかった表情が現れたり、

対象物だけでなくその場の空気感まで描く事のできる画法です。

 

 

「“はじめて”からの透明水彩画教室」トップページに戻る